徒然なるままにgdgd…
ゴスロリと、メタル音楽と、お人形が好きなドレメ生がお送りする不定期更新ブログ
SKIN DESIGN BY  AYANYAN
<< 今日は、いい一日でした。 | main | (@_@) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
私の好きなお洋服。
今日は、私がどうしてこの「ゴシック&ロリータ」という服を好きになったのか、書いてみようかな。

ぶっちゃけ、更新したくてもネタが無いからなんですがね(爆)

ではでは、いきます。
私は、生まれは函館なのですが、2歳から5歳までは父親の仕事の都合で茨城県つくば市に住んでいました。
そこでは友達の女の子は普通にスカートを履いたり、可愛いワンピースを着ていたりしました。
私も母親や祖母に作ってもらった、フリルのついたお洋服を着て友達と遊んでいました。
その時はそれが普通でした。
その頃、私は小さいなりに、服には拘りを持っていました。
友達のところに遊びに行くときにはお気に入りのスカートで。
当時の年齢もあるからかもしれませんが、可愛いお洋服を着ているからといって、誰からも文句を言われない環境。
そんな中で、友達のお母さんからピアノを習ったり、泥だらけになって遊んだりして育ちました。

或る日、父が体調を崩し、悪化。
「北海道に帰る」と、今でこそ函館市になっていますが(私は絶対認めたくない)当時は函館ではない超田舎に引っ越しました。
そこでは皆ジャージかズボン。全然可愛くなんて無い。
スカートなんて余程の事が無い限り履かない。
そんな土地。
茨城県から引越してきたばかりの私が、むこうと同じようにスカートを履こうものなら、標準語で喋ろうものなら「皆と違うから、同じじゃないから。」という理由で仲間外れ。
いじめの対象にもなりました。
服は近所のお姉さんの、大きくて少しくたびれたお下がりを着せられ、とても嫌な毎日。
その頃からですかね、私の、服への興味が無くなったのって。

7歳の頃に、今住んでいる北海道函館市に引越し。
引っ越してから数年間、やっぱり服には興味が沸かない。
私の服を買いにスーパーやデパートへ行っても、自分では選ばなかった。
「これどう?いいんじゃない?」と母に訊かれ、「じゃあそれにするよ」といった感じ。
自分の好きなものは着れない、周りに従わなきゃいけない、自分の主張は通らない、そういう考え。
周りの人が良いと言えば自分もそれを良いと言う。話をあわせるとでも言おうか。
中学校に上がる少し前に買ってもらった、赤いベルベットのパンツ、これは当時かなり気に入っていて、今でもたまに履いています。
丈が短いのはふくらはぎまでロールアップしてカバー、ボーダーのハイソックスと合わせるのが自分流。あとは、小学校の卒業式に着た、イーストボーイの紺ベースのチェックのスカート。
それくらいかな、自分で選んだ服。
今考えれば、その時から自分の着たいと思う服が売っていなかったように思える。

中1の秋、ヴィジュアル系に嵌る。Psycho le Cemuのファンになる。
その時はこのジャンルは今程人気は無かった。
「V系が好きだ」と言えば「えー、そんなの聴くの?」なんて言われるほど。
今人気のあるガゼットは、当時は確か結成したばかりだった筈。
今でこそ普通のバンドっぽくなっちゃってるKagrra,は当時はかなり化粧が濃かった。かなり暑そうな和服の衣装を着て、ヴォーカルの一志なんて男か女か判らないほど可愛かった。

サイコの事をインターネットなんかで色々調べていくうちに、「ゴスロリ」と言う単語。
気になったので、検索。
そしたら、フリルやレースの沢山ついた可愛いお洋服。
「私もこんな服を着てみたい」そう思った。
それと同時に、かなり大きな衝撃を受けた。
「こんなお洋服があったんだ」
普通の服は嫌だ。周りと同じなんて嫌だ。
でも、当時中学生の私にはとても手の届かないお値段…
買うこともできないし、買ってもらうことも当然無理。
「着たい!」と言う思いだけが大きくなり、
服は持ってないけど髪型を姫カットにしたり、アクセサリーや小物なんかを作ったりしてました。
どうでもいいけど、私が初めて買ったファッション誌は「Gothic&Lolita Bible Vol.7」です。

中3の春、映画『下妻物語』公開。
親に、「早過ぎるけど、誕生日プレゼントね」と、BABYの黒×白のOPをオークションで落としてもらいまいた。
やっと好きな服が着れるようになって、とても嬉しかった。
その服を着て、色んな所に行きました。
お花見、花火大会、みなと祭り、クリスマスファンタジー、ライブ、旅行 …etc
かなり思い入れのあるお洋服です。
前は結構どこにでも着て行ってたけど、今はそんな時間がないです。

茨城に住んでいた頃、私の服の生地を選びに問屋さんに行った時に、私が選んだ布、
今でも探せば端切れくらいは出てくると思いますが、茶色の結構渋い薔薇柄でした。
私はその時のことは覚えていないのですが「これがいい!」と言って、少しも譲らなかったそうです。
その時からこういうものに惹かれる素質というか、性質はあったのでしょうね(笑)

私が初めて見たゴスロリさんは、確か数年前の『NHK青春メッセージ』に出ていた、釧路の方だったような気がします。
あと、私の母親の友達の娘さん、素敵なゴスロリさんでした。
今、母親はその友達の方との交流はあるのでしょうか?
かなり謎ですが。気になります。
あと、前のアパートの隣の部屋に住む友達のお母さんが、ゴスロリさんでした。そして、X JAPANのファンでした。

最近はゴスさんロリさんと知り合いになる機会がかなり増えました。
自分でうまく作れるようになったら、中学生でも買えるような、可愛くてリーズナブルなお洋服を作って、個人ブランド出したいな。

長文になって、自分でも話の脈が掴めなくなってきたからここいらでやめるー*
| ファッション | 02:11 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 02:11 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://united-flag.jugem.jp/trackback/24
トラックバック
 
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
Search this site
OTHERS
SPONSORED LINKS